HOME > Ⅱ お遊び

Ⅱ お遊び

【 Ⅱ の いんでっくす 】

01・『遊び』 の意味するもの
02・他の文献から見えてくるもの

Ⅱ.01・『遊び』の意味するもの

●動物が 遊び を通して成長することには 他言を俟たないものです。

●この 遊び に係わる 文献①と記事② とをご提示します。
①の文献は『幼児教育学実践ハンドブック(風間書房)』のうちの 
・第5章第3節〔 形成すべき「力」を明確にした幼児期の科学教育 〕(pp.82~93)です。
・著書構成は 目次 をご参照ください。  
②のweb記事は ⇒ こちら からご覧ください。


※改訂 : 2017/06/06

 

Ⅱ.02・他の文献から見えてくるもの

●前《Ⅱ.01・『遊び』の意味するもの》で
①幼児期での科学教育導入の意義/"遊び"を通しての科学教育導入の困難性や留意点/小学校教育での教科「理科」との連動性  と
②日常生活での"遊びの効用"  とを
それぞれ ご紹介しました。
 
● 本稿では心理的側面から展開します。
・参考にしました文献は 別 HP での『 #13・絵本と心裡 』で引用した著書の第5章です。
・第5章の構成は こちら  をご参照ください。 
・第5章全文は こちら と こちら と こちら からご覧ください。

●当方が当該著書から得た認識などは こちら をご覧ください。
・〔脱字〕⇒ また 人生を通じて・・・であること〔に〕注目されます。

※なお〔当方の得ている認識など〕でご案内の動画は こちら からご視聴ください。
・著者により『・・・、よほど子どもの内面世界を知る画家でないかぎりできるものではありません。』との評価がされている内容です。
・絵本(動画)の概説は こちら の PP.133~135 をご参考にしてください。
お問い合わせはこちら