Home > Ⅰ 《おとな》に向かって > (Ⅰ)【補遺・補筆】

(Ⅰ)【補遺・補筆】

【もくじ】

・〔H25.12.02〕 『Ⅰ. 02』 関連
・〔H26.01.24〕 《ご参考》

『Ⅰ.02』 関連

連合国の占領政策の実態
・『終戦記念日』の 終戦 という表現に隠されている事実を真摯に認識する必要があると判断しております。
・当方が判断している根拠は こちら と こちら です。
・GHQ〈連合国最高司令官総司令部〉の命令により強制された 人間の存在に関する思想の異なる国の文化 が未だに我国の生活様式や生活感覚を色濃く支配しているのが現実です。
現状の再構築の必要性
・なにをどのように考えればよいのか? については こちら こちら からご判断してください。
・また 我国が現今の歴史を歩むこととなった原因や理由については『ハル・ノート』~Webでご検索ください~ をご参考にしてください。
子どもの位置づけ
・かつて我国も 子どもの労働力 を生活の一端としていた時代があります。が 特異とされる状況があります。
・この特異とされる面について こちら をご覧ください。

《ご参考》

●時代の変化に伴う国内状況の変遷は 諸外国にあっても同様のことですが 当方の年代の者にとっては 余りにも異常と思料される現今の我国の状態を懸念しての記述です。

※ 本文は こちら からご覧ください。
※ 下記は本文記載の〔下掲リンク先〕のご案内です。
・① ⇒ こちら から
・② ⇒ こちら から
・③ ⇒ こちら から 

お問い合わせはこちら